【新越谷】stara古文化部進行中!古文化も仕事に変えるstara | 越谷での障がい者福祉・就労支援の【stara(スタラ)】
New&Event
【新越谷】stara古文化部進行中!古文化も仕事に変えるstara
コーポレートサイトリニューアルのお知らせ
- 日誌 2020.8.19

こんにちは。新越谷事業所です。

連日猛暑が続き、熱中症や夏バテの予防に気を付けないといけない今日この頃。
今年はコロナウイルスの影響もあり、炎天下の中でもマスクをする事が多いので特に水分補給を意識していきましょう。

さて、以前にこちらのブログにて新越谷事業所を『日本の伝統文化の発信地』とすべく、和綴じプロジェクトを画策しているという記事を書かせていただきました。

(「なにそれ、そんなことやってんの!?」と一瞬でも思った方は、2020年7月8日『【新越谷事業所】温故知新で新規事業に絶賛チャレンジ中!』の記事を遡って読んでみて下さい。)

現在、所内(所外でも)にて絶賛進行中です!!
すべての利用者さんに体験していただくまでには至っておりませんが、多くの利用者さんに実際に和綴じに触れてもらっています。

当初、和綴じという物に対してピンと来る方は少なかったですが、和綴じが「日本では平安時代から存在する日本伝統工芸技術の根本製本技法のひとつであり、
日本本来の書物の形を作り出すもの」とお伝えすると、皆さん大変興味を持っていただき、和綴じを極めていきたい!と言ってくれる利用者さんさえいました。
私としては大変喜ばしい事です。

和綴じの作製は、糸通しの工程を覚えるまでは厄介ですが、覚えて自分で和綴じの書物を作ってみるととても感慨深いものがあります。
自分で書物を作るなんて想像もしていなかった事が、糸と針を使って作ることができるのですから。すばらしい感動体験です。それが伝統工芸品であるから尚更です。

現状ですと、糸を通して製本する所までは多くの方に練習していただいていますが、残る課題は和紙を使って表紙と裏表紙を作成することです。ここに向けて現在は試行錯誤中であります。
和綴じメモ帳の『顔』となる和紙のチョイスは私の独断&好みですが、完成が美しくなるものを選んでいるつもりなので、完成するのが待ち遠しいです!!

余談ですが、先日秩父に行く際に通りがかりにあった『和紙の里』という所に寄り、和紙を実際に作ってみました。
日本古来の和紙を作る工程も文化体験としては非常に意義のあるものでした!!「利用者さんにも是非和紙作りから!」とも思いましたが、さすがに資材の関係上断念です。

当面は和紙のメモ帳の完成を目指し、利用者の方と駆けていきたいと思います。
日本の文化に触れてみたいという方は是非staraに見学にいらして下さい!!

staraでは利用者さん主導でも、指導員さん主導でも新たな仕事が生まれます。好きこそ物の上手なれですね。
やっぱり好きな事を仕事にするってわくわくしますよね。
staraで皆様も一緒にお仕事してみませんか?見学、体験随時募集中です!