Cloud9新越谷で学べる重要な仕事感3つ | 越谷での障がい者福祉・就労支援の【stara(スタラ)】
New&Event
Cloud9新越谷で学べる重要な仕事感3つ
コーポレートサイトリニューアルのお知らせ
- 日誌 2016.8.27

sagyou

こんにちは!Cloud9新越谷です????

世間のお休みムードは薄れつつあり、お仕事モードの雰囲気が漂っている今日この頃ですが、当事業所でも体験利用の連絡が増えて来ております!

当社では色々な取り組みをして、利用者さんのお仕事の支援をしています。

A型事業所というのは福祉事業所でありつつ、一般企業に近い形をとっています。一般企業で働けるようになるために自分の障がいを乗り越える場所ですので、障害に対する理解はもちろんありますが、仕事に対する意識の改革もA型の大きな使命なのです。

■自分で考えるクセをつける

⇒最初のわからないうちは別として、段々仕事になれて来たら、次はどんな作業が想定されるのか、どこモノを取りに行けば次の作業に取り組めるのかを常に考えながらお仕事出来るように支援します。ですので、こちらから「はいどうぞ」とお仕事を渡してあげるのはまだまだ入りたての利用者さんだけに行う配慮です 😉

次に何をやればよいのか主体的に考えることをトレーニングして頂いています。

■間違ってしまった事は正直に申告する。

⇒これは、健常者でも出来ない人が多数いますが、人間だれしもお仕事で間違いを起こしてしまうものです。それに対しては特段の指摘はしませんが、申告をしない事については注意をします。間違ってしまった際に取る善後策をしっかり考えて行動出来るというのは、仕事を行う際に大変重要なことです。これは学校では教えてくれない事ですので、仕事をする中で学んで頂いています!

■仕事の品質にこだわる。

⇒これは、越谷事業所を開業した当初はなかなか出来ていない事でしたが、利用者さんもレベルアップして来たので次のステップに取り組んでいます。今までは作業を「言われたからやる」「やらなければいけないからやる」というスタンスで作業していた方が多かったですが、今では「確りとした作業をして次もお仕事をもらえるように頑張る」「相手のお客さんが喜んでもらえるように作業する」という意識が少しずつ醸成されてきたように思います。”仕事の品質にこだわる”というのは非常に大切な事です。自分の大切にしているものを大事にするのは簡単ですが、人が大切にしているものを大事にする意識を持つのは難しい事でもあります。お仕事をする上では、必ずお客様というのがいるのでそのお客様が喜ぶような作業をすることを意識して頂いています。

まだまだ、出来ていない事や課題もありますがこんなことは学校じゃ絶対教えてくれません。一般企業で教えてくれるところもほとんどありません。仕事に関する取り組み方を教えてくれる塾もありません。

お仕事に対する意識や取り組み方、仕事感を学んで頂くにはお仕事を実際にやってみながら身につけるしかないのです!それをじっくりと仕事をしながら覚えられるのはA型事業所だけです!

一般企業でのお仕事にまだ不安がある、でもお金を稼がないと日々の生活がキツい。そんなお悩みを抱えていらっしゃるようでしたら、A型事業所を試してみるのもアリかもしれませんよ!