新しい取り組みをはじめてみました | 越谷での障がい者福祉・就労支援の【stara(スタラ)】
New&Event
新しい取り組みをはじめてみました
コーポレートサイトリニューアルのお知らせ
- 日誌 2016.9.4

こんにちは。

森永です。

定期的にブログ更新できるよう、頑張っていきます。

今日は、Cloud9で9月からはじめた新しい取り組みについて書いていきたいと思います。

Cloud9越谷、及びCloud9新越谷では、朝礼時に“利用者の皆さんが声を出す”という取り組みをはじめました。

といっても、声出し的なことをしたり、社訓を読み上げたり、そういう体育会的なノリではありませんので、ご安心を。笑

・当日の作業配置を発信するときに、皆さんの名前を読み上げ返事を返してもらったり、

・毎日1名スターを選び、その日の目標発信と振り返りをしてもらったり、

という工夫をしています。

何故このような取り組みをはじめたのかというと、やはり『利用者の皆さんの一般就労を支援する為』ということになります。

今までも利用者の皆さんはとてもお仕事頑張ってくれていたのですが、たまに“返事がない”ということがあったり、“ぼそぼそ話して”いたりでうまくコミュニケーションがとれないことがあったりしました。

そんなことが起こっていては、一般企業で働く上でも周囲とのコミュニケーションに困ってしまうのではないか?と考え、そこを解決したいと思いました。

せっかくCloud9で仕事のスキルを身に付けて頂く利用者の皆さんには『どこの職場に行っても愛される』ような人になって欲しいですからね。

しっかりと返事が出来、ハキハキと会話が出来る人になっていってもらえると、こんなに嬉しいことはありません。

また、目標を定め・発信し・日々振り返ること、にも大きな意味があります。

社会人として/プロとして、成長していく為には、“目標をもって仕事に取り組むこと”が不可欠です。

自分の将来の夢やビジョンに向かって「今日はこれをやるんだ」という目標を設定し、出来たか出来なかったかを振り返る。

そして、何故出来たのか、何故出来なかったのか、を分析する。

そうやって、少しづつでも構いませんので、『なりたい自分』に日々近付いて行って欲しい。

そんな思いを込めてこの取り組みをはじめています。

制度が変わった直後はびっくりした利用者さんも当然多かったと思います。

でも、皆さんちゃんと急な指名にも対応出来ていて、素晴らしかったです。

皆が日々成長していける事業所を目指し、運営に尽力していきますね。

これからも、どんどん成長していくCloud9をよろしくお願い致します!

Cloud9 森永