【越谷事業所】staraは皆さんの健康や幸せに直結しています | 越谷での障がい者福祉・就労支援の【stara(スタラ)】
New&Event
【越谷事業所】staraは皆さんの健康や幸せに直結しています
【越谷事業所】staraは皆さんの健康や幸せに直結しています
- 日誌 2021.5.17

日中は汗ばむ陽気となり、夏の近いことを実感する季節になりました。
お変わりなくお過ごしでしょうか。

さて、みなさんは幸せホルモンと呼ばれている「セロトニン」という物質を知っていますか?

セロトニンとは→脳の中で働く精神(こころ)のバランスの調整役です。
日光を浴びることによりセロトニンが分泌されます。20分~30分でOKです!

日中にはセロトニンなどの神経伝達物質がたくさん働きます。夜になるにつれて分泌量を減らして体を休める準備を進めていきます。入れ替わるようにしてメラトニンという睡眠物質が出てきます。メラトニンには脈拍・体温・血圧を低下させることで睡眠に向かわせる作用があります。 
【効果】
・気持ちが落ち着く。(自律神経の乱れを整える)
・不安感がとれる。(不安や焦りから緊張を軽減)
・集中力を高める。(青色の関係している??)
・よく眠れるようになる。(メラトニンという物質が関係している)
・スッキリ起きられる。(日光が関係している)

〇青の持つ力
・色彩心理学によると「青」という色はセロトニンの分泌を促します!!
・集中力を高め、気持ちの落ち着きを与える効果があります。(青色の陸上競技場など)
・心が穏やかになって犯罪を少なくする効果があります。
(夜の踏切、商店街、駅のホーム、お寺など)

〇メラトニン(睡眠物質)脈拍・体温・血圧を低下させて睡眠へと向かいます。
・メラトニン(睡眠物質)はセロトニンから出来ています!!
・日中に活発にセロトニンが分泌されれば質の良い睡眠に繋がります。
・日光浴がセロトニンの活動をスタートさせるスイッチです。

〇日光浴
メラトニンはセロトニンから合成される物質なのです。 そのため、日中にセロトニンを十分に分泌させることが重要です。 人は朝日を浴びると体内時計がリセットされます。地球の自転周期(一日を24時間とする)とヒトの体内時計とのズレを解消します。  日中に活発にセロトニンが分泌され、夜にメラトニンが合成されると、質のいい睡眠につながります。夜、メラトニンが合成されなければぐっすり眠れません。朝、セロトニンが分泌されなければ自律神経がうまく働かないので、いい目覚めが出来ません。どちらかの要素が欠けてもいけないのです。

  日光浴がセロトニンの活動をスタートさせるスイッチです。 

私たちはセロトニンが体内で動きだすことではじめて、気持ちの良い起床ができます。  このセロトニンは今回の題名でもありましたように「幸せホルモン」とも呼ばれています。日光を浴びることでも分泌されるのです。ポジティブな思考になったり、ストレスが軽減されたりと体調にとてもいい効果を及ぼします。これには日光を浴びることが大事なのです。 

「幸せホルモン・セロトニン」の分泌を高めるにはどうすればいいのか。 
・一つ目は、ヒトの必須アミノ酸であるトリプトファンを摂取することです。
トリプトファンとは? それはチーズ、豆腐、卵、牛乳、バナナなどに含まれまれています。これらを摂取することで、セロトニンの分泌が促されます。 
・ 二つ目は先ほど学んだ通り、日光を浴びることです。朝日を浴びることでメラトニンの分泌が止まり、セロトニンの分泌が始まります。日光浴は時間は20分~30分程度するようにしましょう。
・  三つ目は、リズミカルな運動をすることです。ウォーキング、スクワット、軽い体操でかまいません。  以上の三つがセロトニンの分泌を高めるのに大切なことになります。

staraに通所することは、毎日の日光浴や適度な運動に繋がっており、セロトニンの生成に、皆さんの健康や幸せに直結しています。 

staraでは3事業所ございます。皆様の健康や夢の実現に活用してみませんか!!
ご連絡をお待ちしています。梅雨に向かう折から、体調には十分ご留意下さい。