【越谷事業所】春を迎えて | 越谷での障がい者福祉・就労支援の【stara(スタラ)】
New&Event
【越谷事業所】春を迎えて
【越谷事業所】春を迎えて
- 日誌 2022.3.7

桃の節句も過ぎ、風にも日差しにも春らしさの感じられるころとなりました。
寒い冬が落ちついてくるのを感じると桜が咲く季節となり、
新しい生活が始まるという人も多いのではないでしょうか。
春は暖かくなってきて過ごしやすくはなってくるものの、
環境が急激に変化する時期でもありますね。
異動や転勤、引越し、卒業、新入学、気候の変化、
花粉症など、春は一年を通してもみても多くの変化が訪れる時期であることが分かります。

様々な変化によって体調を崩してしまう方もいらっしゃるかもしれません。
自律神経の乱れなどと耳にしたことがあるのではないでしょうか。

そこで、『自律神経とは何か』を一緒に学んでみたいと思います!

自律神経は心臓の動き、血圧、食物の消化、体温調整など生命を維持する上で
重要な身体の機能をコントロールする神経です。
・心身の活動を活発にする(緊張、興奮)⇒交感神経
・リラックスする時に働く⇒副交感神経
(例)⾞に例えると、アクセルとブレーキの役割

眠っている時は副交感神経が優位に働いている状態、
朝起きてだんだんと交感神経が優位になり日中は活動的になります。

健康で快適に過ごせるのは交感・副交感神経がバランスよく働いているためです。

自律神経を整えるには
・『腹式呼吸』⇒基本は鼻から吸って口から吐くす。
腹式呼吸をすることで、全身に酸素がめぐりやすくなり、血液循環も良くなります。

・『朝日浴』⇒朝、太陽の光を浴びる。
セロトニンの分泌が始まり自律神経が睡眠時の休息モードから活動モードに切り替わり、
体がスッキリと目覚めます。
また、夜も自然に眠くなるように脳内の体内時計がリセットされます。

・『食事』⇒食事をすると体は活動モードに。朝一杯の水(腸内環境の改善)
朝⾷には、ヨーグルト+オリゴ糖⇒快便
⽔溶性⾷物繊維を加えて、善⽟菌の威⼒を発揮させよう
(納⾖、キャベツ、⼤根、海藻類、かぼちゃ、アボガド、熟したフルーツなど)
腸内環境を整えると、免疫⼒向上し⼼の状態が安定します。

休息モードに切り替わるまでには時間が必要です。
夕食は寝る3時間前までに夕食を終えましょう。

・『入浴』⇒安眠を誘うお⾵呂の⼊り⽅はゆっくり湯船につかる
39~40度のお湯に15分程度つかる(交感神経から副交感神経へのスウィッチ切り替え)
最初の5分は肩まで、その後10分は半⾝浴
※お⾵呂上りに⽔を1杯、⽔分補給

・『スマホやパソコンの強い光は避ける』⇒交感神経の働きが活発に。
床についてもよく眠れません。寝る前は間接照明にして、スローテンポの音楽を聴いたり、
アロマの香りを漂わせたりなど、くつろいで過ごしましょう。

・『適度な運動』⇒自律神経を整えるには、適度な運動も欠かせません。
⇒ヨガやストレッチ、など身体を動かすことで、思考をオフに切り替える有酸素運動がおすすめです
⇒朝起きた時に体側を伸ばしたり、首や肩を回して血行を促進しましょう。
⇒夕方や夜寝る前にヨガやストレッチをすると、睡眠の質を上げることができます。
⇒毎日同じ時間帯に散歩やウォーキングをすると、生活のリズムができて自律神経の改善に効果的です。

☆staraに出社することで毎日同じ時間に適度な運動に繋げることが出来ます!!
上記のアドバイスを活用して健康も一緒に取り入れてより良い人生を一緒に

嫌なことがあると…

打つ向きがち
姿勢は悪く、体を丸める

軌道が狭くなり、呼吸は浅く、
⾎流も滞りがち

⾃律神経がさらに乱れに繋がってしまいます。

そんな時には!!
⼝⾓をあげて『笑顔』を作ってみましょう(*^▽^*)
→顔の筋⾁がほぐれて、リラックスできる
→副交感神経が活発になる
→⾃律神経も整う
・最初は作り笑いでも⼤丈夫
・笑うから緊張がほぐれる
☆笑顔は免疫力を高める効果もあるようです!!

staraでは就労だけでなく、体調管理も含めて皆さんにアドバイスを送りながら共に過ごしています。
いつでも皆様のお越しをお待ちしております。

コロナ渦で落ち着かない日々が続いております。くれぐれもご自愛くださいますようお願い申し上げます。