【越谷事業所】実り多き秋を迎え | 越谷での障がい者福祉・就労支援の【stara(スタラ)】
New&Event
【越谷事業所】実り多き秋を迎え
【越谷事業所】実り多き秋を迎え
- 日誌 2021.9.13

秋の気配も次第に濃くなり、穏やかな好季節となってきました。皆様お変わりございませんか。

秋といえば、食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋と様々な事にチャレンジするにはふさわしい季節ですね。
皆さんはどんな秋をお過ごしになりますか?

私は食欲の秋をきっかけに、食生活を見直す生活を試みる事にチャレンジしています。
どのような事を意識しているかを紹介したいと思います。

三大栄養素と言われるタンパク質、脂質、糖質の中で、毎日の食事でどれだけ良質なタンパク質を取れるかで健康に暮らせるか決まる、
というくらいタンパク質は私たちにとって必要不可欠な栄養なのです。

【タンパク質の特徴】
・やる気や集中力を保つ
・免疫力を保つ
・ストレス予防
・若さを保つ
・骨を強くする 等

中でも最も脂肪になりにくいという性質がありダイエットに非常に向いているということで、意識した食事を心掛けています。

そこで良質なタンパク質を含む食品を紹介したいと思います。

牛肉には⇒トリプトファン(必須アミノ酸)が含まれており、幸せホルモン「セロトニン」の生成を促し、
脳神経や自律神経に働きかけてリラックスさせてくれたり前向きな気持ちに切り替えてくれる効果もあります。

鮭には⇒100gあたりのタンパク質が22.3gと豊富であるのに加え、脳血栓や心筋梗塞の予防に効果があります。

鶏卵には⇒ビタミンCと食物繊維以外のあらゆる栄養素を効率よく含む「完全栄養食」。タンパク質は1個(50g)あたり6.2g。

牛乳には⇒カルシウムやビタミンA、B2、Dなどの栄養が豊富に含まれている「準完全栄養食品」、1杯(200cc)で6.6g。
ちなみにコップ1杯(200cc)で7.6gの脂質が含まれていますが、
この脂質の多くはエネルギーとして分解されやすく、体に蓄積しにくいようです。

大豆には⇒タンパク質は、木綿豆腐100gで7.0g、納豆100gで16.5g、豆乳200ccで7.2gで低カロリー。
大豆製品に多く含まれている大豆イソフラボンは、肌をつややかに保ったり、骨粗しょう症を予防したりする効果も期待できます。

まずは1日50gを目安にタンパク質の摂取を目標としていきたいですね!!
※偏り過ぎず、ビタミンや食物繊維の摂取も大切です。

皆さんも良質なタンパク質摂取と適度な運動も試みて心身ともに健康に過ごせるよう、
staraでは適宜アドバイスもさせていただいています。

虫の音に近づく秋を感じつつ、stara3事業所ともに、皆さまにお会いできる日を楽しみにしております。
お気軽にお問い合わせくださいませ。