【越谷事業所】失敗した時にどうするか | 越谷での障がい者福祉・就労支援の【stara(スタラ)】
New&Event
【越谷事業所】失敗した時にどうするか
【越谷事業所】失敗した時にどうするか
- 日誌 2022.1.31

こんにちは。stara越谷事業所です。
今日は、”失敗”について書きます。

皆さんは”失敗”と聞くとどう思いますか?
昔の失敗を思い出して嫌な気持ちになる方もいれば、自分は失敗なんてしたことは無い、という方もいるかもしれません。

失敗などしたことが無い、と言えれば良いのですが、私はこれまでたくさんの失敗をしてきました。
仕事関係の大きな失敗から、友人関係の失敗まで、数えだしたら切りがないほどの失敗をしてきています。
以前は、失敗することは悪い事で、恥ずかしい事だと思っていました。
そのため、失敗したら落ち込みましたし、恥ずかしいことに、自分が悪いと認めなかったり、隠そうとしたりもしました。

今は違います。
仕事にしても何にしても、失敗をしないなどということはありません。
今は、自分が”失敗した”と思ったとき、素直に自分の間違いを認め、その時の行動を振り返り、
何がいけなかったのかを自分なりに考えるようにしています。
そうすることで、その失敗は経験となって、次に活かすことができます。

自分の失敗を認める、ということは簡単な事ではありません。
また、時期が悪かった、一緒に取組んだ人が悪かったなど、周囲の環境のせいにしてしまえば嫌な気持ちになることもありません。
ただ、それをし続けている限り、自分の成長もないと思っています。

失敗は成功のもと、という言葉がありますが、
単に失敗するだけではなく、失敗した際に素直に認め、行動を振返り、自分自身を戒めてこそ次につながるのだと思います。

staraではご利用者さんと、ご利用者さんをサポートする職員を募集しています。
新しいことにチャレンジしてみたいという方は、ぜひご応募ください。
お待ちしています!