【新越谷事業所】目的を持って働く | 越谷での障がい者福祉・就労支援の【stara(スタラ)】
New&Event
【新越谷事業所】目的を持って働く
【新越谷事業所】目的を持って働く
- 日誌 2020.12.2

こんにちは。新越谷事業所です。
朝目覚めると、外はまだ暗く、空気はぐっと冷たくなりました。
寒さは苦手ですが、背筋が伸びて、気持ちも引き締まるような、澄んだ冬の空気は心地よく感じます。

さて、この文章を読んでくださっている方は、staraに通っている皆さんでしょうか、これから通いたいと考えている方でしょうか。
お仕事をしている方も、探している方も、お休み中の方もいらっしゃるかもしれませんね。

皆さんは目的を持って働いていますか。
目的を達成するための目標を設定していますか。

就労継続支援A型事業所であるstaraは、一般企業と同様に働く場であると同時に
現時点で一般企業で働くことに不安や難しさを感じている方の訓練の場でもあります。
そのため、staraで働いている皆さんはそれぞれに目的を持っており、
それを達成するための目標を一緒に考え、それを応援していくことが、私たちスタッフの役割です。

今、staraで働いている皆さんの目的は、
一般企業への就職、長く働き続けること、自立、新たな知識やスキルを身につけること等、様々です。

先日、ある利用者さんから受けた相談です。
「この作業ができなければここで働くことはできない。退職を促される。」と不安になり、自信をなくしてしまったというお話でした。
もちろん実際にはそのようなことはありません。

しかし、私が、ひとつstaraで働くうえで大切にしてほしいと思うことがあります。
それは、目的を持って働いてほしいということです。
小さなものでも、大きなものでも、自分なりの目的を持つことです。
例えば、失敗をしてしまうことがあっても、周りの人から自信を失うようなことを言われても、
目的を持っていることで、日々、前向きな気持ちで仕事に向かうことができるのではないでしょうか。

staraには、一歩一歩、進歩していく皆さんを応援し、たとえ小さな進歩でも、その一歩を喜び合える仲間がたくさんいます。
スタッフも、皆さんの目的達成に向けて、日々の一歩を力いっぱい応援していきます。