【新越谷事業所】目標に沿って | 越谷での障がい者福祉・就労支援の【stara(スタラ)】
New&Event
【新越谷事業所】目標に沿って
【新越谷事業所】目標に沿って
- 日誌 2021.7.1

皆さんこんにちは、stara 新越谷事業所です。
 
最近感じたことについて今日はお話しさせていただきます。
最近,"障害を持っているのに"凄い、"障害を持っているから"仕方ない、そのような意識をどこかで持ちながら声掛けや支援を行うことがご本人にとってどう影響するかを最近よく考えます。利用者さんの将来を考え、言い訳や他責思考(当然全部が全部そうとは捉えません)に考えが染まっていた場合には,客観的な見方を伝えることも場合によっては必要と考えます。
勘違いや過信に繋がらないようにすることは、本人の自信や可能性を奪わないためでもあると思いながらいつも目標の設定をしたりしています。
 
たまに,利用者さんとお話をしている中であまりにも高い目標を掲げてしまっている方がいらっしゃいます。高いことを望むことはいいことですが,
<今目指して達成できる?それよりも先に改善すべきことがあるのでは?>
と疑問に持つことがあります。

とても極端な例ですが、遅刻や欠席が多く精神状態も不安定、仕事も選り好みしている方が突然「自衛官になる!」と言い出したらどうでしょう。
夢や目標を持つのはいいことですが、まずは遅刻や欠席を減らすところからではないですか?と思いますよね。
 
また、恐らく過信や勘違いだけではなく、自分の現在地を知らないことも要因だと思います。
自己成長や課題克服をしていく上で私自身大切にしている目標設定方法をシェアします。
 
SMARTゴール、SMARTな目標です。
・Specific(具体性)
・Measurable(測定可能)
・Achievable(達成可能)
・Relevant(関連性)
・Time based(期限)
 
漠然とした目標になっていないか/前進しているか・現在地を把握できているか/達成可能な目標であるか/自分の価値観や最終的な目的に沿ったものであるか/目標の期限は設けているか
 
この5つの要素を備えた目標設定をすることで、達成するために何をしたら良いか明確になり、高いモチベーションを維持できます。
始めから完璧に目標を立てて達成しようと堅苦しく捉えずに、趣味や人間関係、日々の生活や健康、仕事等々、分野毎に目標を立ててみましょう。
 
達成できたかどうかだけではなく、目標設定に沿って挑戦してみてどう感じたかを振り返ることも大切です。それはまた新たな目標設定に繋がります。
そうした流れを習慣化させて、大事な局面でも目標達成できるよう基盤を作りながら、自己肯定感を育てていくときっと,気づかぬうちに思っていた以上に成長していたなんて感じる場面も出てくるかもしれません!

stara各事業所では新たな利用者様を募集しています。
目標設定の仕方がわからない。目標なんて持っても無駄だと思っていた。成長したい!
色々な思いを持った方達が今,staraを利用してくださっています。

私たち職員は皆様の成長をいつも応援しています。
一緒に目標設定をして,自己成長を目指しませんか??

きっと新たな自分に出会えるきっかけになるかもしれません。
staraでは見学や体験受付中です。

ぜひお気軽にお問い合わせください。皆様からのチャレンジをお待ちしております。