【新越谷事業所】故き(ふる)を温ねて(たずねて)新しきを知る。 | 越谷での障がい者福祉・就労支援の【stara(スタラ)】
New&Event
【新越谷事業所】故き(ふる)を温ねて(たずねて)新しきを知る。
【新越谷事業所】故き(ふる)を温ねて(たずねて)新しきを知る。
- 日誌 2020.11.12

こんにちは、新越谷事業所です。

まだまだコロナ禍真っ只中ですが皆さんはお元気にお過ごしでしょうか?
コロナの影響で今年は多くのイベントがなくなり非常に寂しい1年になってしまいましたね。
私が1年で最も楽しみにしていた11月3日(文化の日)の鎌倉建長寺・円覚寺の曝凉も中止になってしまいました。
ウイルスのせいで日本の文化が失われてしまいとても残念です。コロナ禍であっても日本人としての文化は大事にしていきたいですね。
ちなみに、曝凉(凉に曝す)とは、寺院において永い時を経て大切に保管されている宝物を風にさらして
害虫退治やカビ抑制を目的に、古くから行われている行事です。虫干し、風入れとも言います。

所内においても日本の伝統文化を感じられる和綴じのメモ帳を作製しています。利用者の方々もかなり完成度の高いメモ帳を作れるようになり
まるで和綴じ工房かと思うほどの熟練職人たちに成長してきています。

そんな和綴じもただ作成するだけではもったいないので、インターネットでの販売を始めています。
販売するにあたり、私を含め利用者の方と和紙の和柄に込められた意味を学ぼうと作製と並行して和柄の勉強なんかもしています。
和綴じを仕事として作製していますが、作るだけでは文化を知ることには繋がらないので
せっかくなら扱っている和紙の柄の名前や意味を知って教養も増やしていこうという試みです。
日本文化の教養が身に付けば雑談力が付き、味のある人間に成長できると思います。
利用者さんには是非とも日本文化を理解できる味のある人間になって欲しいと願っています。

これまで利用者さんが作製した和綴じを販売しているサイトを1つご紹介したいと思います。
現在メルカリで完成した作品を随時出品しています。
ほとんどすべての商品が1点物の和紙となりますので、お気に入りがありましたらお早めにどうぞ。
現在は、今話題の『鬼滅の刃』で主人公の羽織にも採用されている和柄を使った和綴じも作っています。
販売サイトは下記のURLです。
https://www.mercari.com/jp/u/183297111/

補記:表題は、四字熟語「温故知新」の訓読です。孔子の『論語』に収められています。
そこには「師曰、温故而知新、可以為師矣。」とあります。先人の営みをしっかりと理解すれば、人に教える器量が身につく事ができる。という解釈です。
現代では教養が雑学のように取られている節がありますが、人間の根底には文化があるので良く理解すれば人生がより豊かになると思います。

日本の文化に興味がある人もない人も、教養を身に着けたい人もstaraは頑張ろうとする人を応援する環境なので1度見学にいらしてみて下さい!!