【新越谷事業所】感じたままに | 越谷での障がい者福祉・就労支援の【stara(スタラ)】
New&Event
【新越谷事業所】感じたままに
【新越谷事業所】感じたままに
- 日誌 2022.8.3

こんにちは。新越谷事業所です。
灼熱の真夏真っ盛りですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
かつてないほどの炎天下の日々が続いていますので熱中症などにならないように塩分・水分補給を小まめに摂り健康的に夏を過ごしていきましょう。

さて、夏の暑い日には海水浴やキャンプなどやりたい事が満載ですね。
特に直近の夏は行動制限があり思うような移動もままならなかったですが、今年は制限もなく自由に動ける夏が戻った様な気がします。
私も先日は3年ぶりに開催された男鹿ナマハゲロックフェスティバルというフェスに行ってきました。
秋田での開催でしたが、関東の気温と変わらずの暑さで真夏の解放感のある空気が味わえました。やはり真夏の解放感のあるフェスは最高に楽しかったです。
ですが、制限もあり普段なら当たり前だったモッシュやダイブが絶対禁止となっていて楽しさ4割減でしたが、生の極上なサウンドを生身で感じられたのは至上の体験でした。

中でもバンドマンの発する魂の籠った言葉にも心を打たれます。
その中の1つがThe BONEZというバンドのJESSEが話していた以下の言葉です。

≪ロボットみたいに声を出しちゃダメとプログラムされたら、目の前で子供が轢かれそうになっても黙ってる。
でも人間は感情があるから子供が轢かれそうになったら「危ない!」と声を上げられる。≫

うろ覚えなので発言のまま掲載ではありませんが、この発言は今の日本人に対して背中を押している発言だと感じました。
今の日本人は「規制だ規制だ」と思いのままに動く事を悪としているよう感じています。
ですが、人間は喜怒哀楽のある動物なので、楽しい、嬉しいなど幸せを感じる為に行動をとるべきだと思います。
特に昨今は「コロナ」や「サル痘」など不安を感じることが絶えない日々が続いているので、
感染への恐怖はあるかもしれませんが、自分が楽しむ為の行動は全然悪い事ではないと思います。
感染症対策はきっちり行い、楽しい夏にしたいですね。

また、現在staraでは見学、体験を随時受け付けております。
新越谷、越谷、せんげん台と3つの事業所があります。
お気軽にご連絡ください。