【せんげん台事業所】環境と価値観 | 越谷での障がい者福祉・就労支援の【stara(スタラ)】
New&Event
【せんげん台事業所】環境と価値観
【せんげん台事業所】環境と価値観
- 日誌 2021.5.14

こんにちは。
春が終わりを迎え、少しずつ夏に近づいて来ました。

今回は、新人指導員の私が価値観と環境について書いていきます。

私は、14歳の時に脳出血を発症し左半身麻痺になった当事者です。
当時の事は今でも鮮明に覚えています。当初は自分の人生に絶望していました。

病気になった直後は“普通の生活に戻れるのか・将来働く場所はあるのか”等を毎日考えていました。

そんな絶望にいた私を救ってくれたのは『家族、友人、医療従事者』です。

病気で失った事もありましたが私は生きて行く上でとても大切な事に気づく事が出来ました。

それは『当たり前の事に感謝する』という事です。病気になる前は『走れて当たり前・体は動くのが当たり前』と思っていました。

 

当たり前という概念が私の中から消えた日から、小さな幸せを感じられる様になり人生が良い方向に変わりました。

 

出会う人、自分を取り巻く環境が大きく変わりました。今回の転職もその一つです。

障がい者と一般的に言われている方達も環境次第で前に進める様になるとずっと思い、何年間も自分の思いを周りに伝えました。思いを伝え続けたお陰で昨年staraに出会う事が出来ました。

 

私は、staraに出会いビジョンに共感し転職を決意しました。(ALL STARS:すべての人が輝き、夢と希望を持てる世界を作る)

 

弊社には私以外にもstaraの理念に心打たれ働いている方が大勢います。

 

staraは一人一人の自己肯定感を大切にし『できない』を『できる様になった』に変えられるよう指導員が最高のサポートを致します。

 

staraでは随時見学者・体験者を募集しています。
お気軽にお問い合わせください!