【せんげん台事業所】初心忘るべからず | 越谷での障がい者福祉・就労支援の【stara(スタラ)】
New&Event
【せんげん台事業所】初心忘るべからず
【せんげん台事業所】初心忘るべからず
- 日誌 2021.6.4

こんにちは!せんげん台事業所です。

6月に入り、ついに梅雨の時期となりました。

『恵みの雨』と思いながら毎日を明るく過ごしていきたいですね。

 

私はこのstaraに入職して今月で約3年になります。

思い返すときりがないほど色々な出来事がありました。

最近、そのすべてが今の私自身の『成長』に繋がっているなと感じています。

 

まだまだ未熟な私ですが、今では後輩がたくさんできました。

今まで、尊敬している上司から学んだこと、ご指導いただいていたことを

今度は私自身が後輩に伝えていかなくてはなりません。

 

日々の業務や社会人としてのマナー、利用者の方への支援の仕方など

一つ一つに意味があり、とても奥が深いです。

後輩に伝えるには、まず自分自身がしっかりと出来ていなくてはならないですし、理解をしていることが必要です。

 

そんなこんなで自分自身を振り返ることがとても増えました。

これでいいのか、この伝え方であっているのか、、、。

 

毎日が学びでいっぱいです。

 

その中で私は意識をしていることがあります。

【自分の新人時代を思い出して、初心を忘れないこと】

新人時代を思い出し、後輩と同じ目線で考えることを意識してみると、今まで以上にいろいろな事が見えるようになってきた気がします。

相手の気持ち、周囲の環境、仕事の内容など、当たり前化していたものが少し違った角度で見え、私は気が付きました。

後輩のためだけでなく、自分自身の成長に大きく繋がっていたのです。

 

まだまだ先輩として、一人の人間として未熟な私ですが、日々成長出来るように学び続けようと思います。

 

私たちと一緒に一人の人間として成長していきませんか?

staraでは、随時見学・体験を受け付けています。

ご応募心よりお待ちしています。