【せんげん台事業所】全盲カメラマン | 越谷での障がい者福祉・就労支援の【stara(スタラ)】
New&Event
【せんげん台事業所】全盲カメラマン
【せんげん台事業所】全盲カメラマン
- 日誌 2021.10.1

皆さんこんにちは!
せんげん台事業所です。
仲秋の候、気温は段々と低くなってきました。
寒暖差が激しく風邪を引きやすい時期ですが、皆さん体調を崩さないようお気をつけください。

さて今日は、20代で全盲になったカメラマンの友人についてお話をさせて頂きます。
私は、初めに彼についての話を聞いた時、『目が見えないのにカメラマン??』と興味を持ちました。

いつも楽しそうにシャッターを切る彼へ、私はこんな質問をしました。『どうやっていつも写真を撮っているの?』
そうしたら彼は、『勘と声で場を想像して写真を撮っている』と話してくれました。それを聞いて私は、素直に『かっこいい』と思いました。
日本人は、良くも悪くも他人の目を気にします。

何かをする時に失敗したらどうしよう、笑われるかな、など考え、中々一歩踏み出せない事もあるかと思います。
でも人生は一度きりです。自分に素直にやりたいと思った事に沢山挑戦し、成長し、そして自分の夢を叶える事はすごくカッコいい事だと私は思っています。

staraでは利用者の方一人一人と向き合い1人でも多くの利用者の方が目標を達成できる様に社員一同日々知恵を絞りながらサポートをしています。
staraではパソコン作業、軽作業、ハンドメイド作業など、いろいろなお仕事にチャレンジできます。
楽しく働きながらスキルアップを目指しませんか?
見学・体験は随時募集中ですので、少しでも気になった方は、是非ご応募ください!